30代後半という留学には遅すぎる年齢でOxford大学ビジネススクール(MBAコース)に留学した男の話


by uk_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Matriculation (入学式)

日本の大学だと、普通、入学式があって、それから授業などについてのガイダンス、そして授業、という順番だろう。
だが、オックスフォード大学では(少なくとも、ビジネススクールでは)、9月30日(水)からInduction(いわばガイダンス)があって、10月12日(月)から授業開始、そして10月17日(土)にようやく入学式だ。

もう一つ日本と違うのは、カレッジ毎に行われるということ。日本の入学式は、学生が多くて全学一度に行えないならば学部ごとに行うだろう。だが、オックスフォードでは、Medicalの学生のMatriculation、Business schoolの学生のMatriculation‥というようには行わない。カレッジごとに行う。
e0187521_12263251.jpg
ついでに言うと、服装もちょっと変わっていて、sub fuscと呼ばれるガウン+帽子+ネクタイを着る。
e0187521_12202940.jpg
という訳で、10月17日(土)、Green Templeton Collegeに、sub fuscを着て向かった。
9:30集合で、写真撮影は11:00から。こんなに長く外で待たされたら風邪ひくよ。。(寒さに強いはずのロシア人学生Kも、翌々日の授業から風邪で3日間欠席。)

カレッジで集合写真を撮った後は、Sheldonian theatreでMatriculation。
Sub fusc姿でぞろぞろ街中を歩く。
途中、観光客らしき人から、「この服装をした人が多いですけれども、この服装は何ですか?」と尋ねられた。「今日は入学式なので、この学生の正装を着ているんですよ。」と答える。ついこの前までだったら、自分が、観光客の側の立場だったが、今は逆の立場で、少し気分がいい。
e0187521_12211487.jpg
式では、ラテン語でなにやらスピーチ。何だか意味は分からないが、オックスフォード800年の歴史の重みを感じ、有り難味がある。
e0187521_12213591.jpg
だが、後でイタリア人学生Eに聞くと、「ラテン語のスピーチも85%は意味が分かった。残りの15%は、発音がおかしくてよく分からなかった箇所。妙な発音でコミカルだったよ。」とのこと。
オックスフォードだからって、何でもかんでも有難がることないよね。気張らないでいきましょう。

Matriculation 2009年10月17日
[PR]
by uk_japan | 2009-10-26 12:27 | MBA