30代後半という留学には遅すぎる年齢でOxford大学ビジネススクール(MBAコース)に留学した男の話


by uk_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:Japan Trek( 27 )

外国人たちに人気だった飲み物、それがポカリスエット。
英語のネイティブスピーカーに言わせると、このネーミングは、「ポカリの汗」という語感らしく、「日本には、ポカリという動物がいて、その汗を搾った飲み物」みたいな、勝手な作り話までしていた。
e0187521_15103746.jpg
上の写真は、熱海駅新幹線ホームで、線路転落防止用の壁の上にポカリスエットを置いて撮影しているところを、私が撮影。
この様子を見た駅員さんが私に、「危ないから止めるように指示してください。」と言いに来た。
外国人には注意しないでで連れの日本人に注意するというのはよくあること。

(Japan trek旅行記 完)

熱海駅 2010年4月6日14時ころ
[PR]
by uk_japan | 2010-08-12 15:11 | Japan Trek
Japan trekの最後の宿、熱海のウオミサキホテルは、1人1泊9800円という安さで宴会コースまでついていた。あまり期待せずに宴会会場に行ってみると。
なかなか良いじゃないですか。特に、あぶった筍が良い。日本の春だね。幸い、筍はよく知らないせいか手を出さない外国人たちが多かったので、貰って食べてしまう。
e0187521_1458534.jpg
本当は、この宴会の中の出し物として、加藤茶と志村けんのヒゲダンスをやろうと話していたんですよ。東京の自由時間にS君が東急ハンズでヒゲダンスセットを買ってきてくれたし。音楽がないねぇ、と言っていたら、何故か(別の)S君の奥さんがipodにヒゲダンスのテーマ曲を入れていることが分かったし。(ヒゲダンスの曲を聴くと目覚めが良いのだとか、説得力があるのか無いのかよく分かりませんが。)
でも、宴会をやる中で疲れてしまったのか、ヒゲダンス企画は流れてしまい、またの機会に持ち越しとなった。
e0187521_14592047.jpg
(↑ジャパニーズ・サブカルチャー・カフェ企画の時の仲間と、指でハートを作りながら記念撮影)
熱海から東京までの新幹線の切符を、修了証書を渡すように一人一人に渡して、宴会終了。これにて、Japan trekも終了。

ウオミサキホテル 2010年4月5日20時~22時ころ
[PR]
by uk_japan | 2010-08-12 15:01 | Japan Trek
Japan trek中に是非とも温泉旅館に泊まりたいというのは、トレック企画者の念願だった。
そして、箱根の旅館などを見たのだが、なかなか値段的に難しい。箱根以外にも、関西に行った折に有馬温泉に泊まるのは、とか、鬼怒川温泉はどうか、とか色々考えたものの、旅程との兼ね合いでこれも難しかった。
じゃ、新幹線沿いの熱海にしようとなったら見つかったのが、1泊2食(夕飯は宴会プラン)つき、9800円という激安のウオミサキホテルだった。
e0187521_193336.jpg
なんでこんなに安いんだろう、などとトレック企画者の間で話していた時、ふと気になって、「ウオミサキホテル、倒産」とGoogleで検索してみたら。。
そう、自己破産(2008年5月)の経歴があった。
料金前払い、大丈夫か。。なんて、話もしましたが。
e0187521_1932925.jpg
実際に、行ってみたら、結構よかった。
部屋も案外よかったし、風呂から外も見渡せて景色も良かったし。
e0187521_193527.jpg
(↑風呂からの景色)
ウオミサキホテル 2010年4月5日~6日
[PR]
by uk_japan | 2010-08-11 19:04 | Japan Trek
MBAコースの必修科目の一つがOperation Management (OM)。OMで必ず扱われるテーマの一つがトヨタ生産方式。「カイゼン」、「アンドン」などの言葉は、外国人学生でさえ、皆覚えてしまった。
そこで、トヨタの訪問必須と思って、トヨタのサイトを見ると、町内会、子供会、小学校の社会化見学など、どんなグループに対してもオープンに工場訪問を受け付けていた。今回のJapan trekで大変だった仕事の一つが、会社訪問を受け入れてもらうことだったが、ここまで訪問をオープンに受け入れてくれた会社はトヨタ自動車だけであった。
e0187521_18215666.jpg
トヨタ自動車高岡工場の中に入る。工場内は、予想以上に静かで、かつ、乱雑さが全くなく極めて清潔。
トヨタは生産効率が高い、というと、人も機械も物凄いスピードで動いているように思いがちだが、決してそんなことはない。でも、見た目はゆったり、本当は早い、というのが実は凄いんだろうと思う。
e0187521_18222140.jpg
だが、どのような経緯をたどってこのシステムが作られたのだろうか。
勿論、トヨタ生産方式の本は読んではいるのだが、それだけでは分からない部分もある。
ぼくらの工場見学も、町内会などの訪問と全く同じ案内コースだったため、Operation Managementの理解を深めるような説明を聞くことができなかった。工場の人たちが、どのような工夫を日々積み重ねて、このシステムを維持・発展させているのかを聞けたら、この訪問がもっと有意義だったのにとは思う。

トヨタ自動車高岡工場~トヨタ会館 2010年4月5日13時~15時30分
[PR]
by uk_japan | 2010-08-11 18:22 | Japan Trek
引率日本人メンバーの中には関西出身者・京都の大学卒業生はいなかった。いたら、京都らしい店に食事に連れて行けたのかもしれないが。代わりに、ぼくらが連れて行くことにしたのは焼肉屋。
皆、バーベキューは好きだし、きっと気に入るだろう。Korean barbecueだと言って連れて行く。
店で1980円の食べ放題。飲み放題をつけても2980円という激安コースを注文。ここまで安い焼肉って、大学生の頃以来だなぁ。
e0187521_13122498.jpg
ぼくの座っていたテーブルは、本当によく食べる人達ばかり。早く焼くオペレーションを追求するんだ、とか言っているけれども、まだ焼けていないよ。安い肉だから、ちゃんと焼いた方がよいと思うし。
e0187521_13124819.jpg
ふと他のテーブルを見てみたら、ベジタリアン2人も来ていたが、何も食べずに、紙ナプキンを焼肉用はさみで切って切り絵をするだけ。
e0187521_13132251.jpg
(↑切った紙ナプキンを頭にかぶっています。)
バーベキューに行くよ、野菜もあるけど肉メインだよ、と理解してもらった上で来てもらって、店に来てからも野菜の注文もできるよ、と言っても注文しないようだ。どうやら、肉と同じ網で焼いたものを食べたくないのではないか、とは、ぼくらの想像。(8月10日現在、インド人ベジタリアンと一緒にインドを視察旅行中なのですが、彼によると、厳格なベジタリアンは、肉と同じ網で焼いたものは野菜であっても食べたがらないだろう、肉料理に使った食器も嫌がる人がいる、とのこと)

ベジタリアンがいるのに、焼肉屋に連れて行くのはおかしい、という考え方もあるでしょう。でも、2人のベジタリアンのために、焼肉屋に行く機会を約30人の人が奪われてしまうのは不当だと思うのです。では、8月10日現在のぼくのように、ベジタリアン1人+一般人1人の場合は?なかなか難しいところです。この話は、(7月31日~の)インド視察旅行のことを書くときに、また。
e0187521_13144770.jpg
(↑帰りのエレベータ内。防犯カメラからの画像)

焼肉チファジャ河原町本店 2010年4月4日21時ころ~23時30分ころ
[PR]
by uk_japan | 2010-08-10 13:15 | Japan Trek
快晴の日曜日の京都観光。Kaizen boyz(日本人引率学生)引率観光は10時厳守で出発と伝えていた。今までだったら、遅れてくるのが数名いたのだが、昨晩、日本人抜きで食事に行くにも不自由し苦しんだ経験のためか、ぎりぎりまで寝ていた人たちまで直前の凄い追い込みで全員10時に集合。
2グループに分かれ、ぼくらは、二条城から金閣へ。
二条城は桜が満開で本当に美しい。これまで何度も京都に来ているが、これほどに完璧な京都を観光するのは初めてじゃないだろうか。
e0187521_7123279.jpg
おや、二条城で今日結婚式を挙げるカップルがいるんですね。こんな素晴らしい日に結婚式を挙げるなんて素敵ですね。おめでとうございます。
e0187521_7132144.jpg
二条城からバスで金閣寺へ。まずは腹ごしらえに、近くでうどんなど。
e0187521_7135241.jpg
この頃には、皆、箸の使い方もだいぶ慣れてきた。イギリス人のPやカナダ人のSなど、割り箸を割った後に、立ち食いそばでよくおじさんがやるように、箸と箸をこすり合わせていたし。
e0187521_7143777.jpg

金閣の後は、ホテルに一旦戻って、銀閣に行っていたグループと合流して、ライトアップされている清水寺へ。
私は、清水寺のライトアップを見るのは初めて。昼の清水寺の方が清水寺らしい、という固定観念もあるが、これはこれで特に外国人観光客が喜んでいた。
e0187521_7145948.jpg

二条城→金閣寺→清水寺 2010年4月4日10時~20時ころ
[PR]
by uk_japan | 2010-08-10 08:03 | Japan Trek
京都での最初の夜。日本人たちは引率で疲れた身体を癒すため、少し、休ませてもらうことにした。
ぼくらは、”Kaizen boyz”(トヨタ生産方式はMBA学生の間で有名で、「カイゼン」と言う言葉も有名)と自称していたのだが、「今から、カイゼンミーティングをやるので、カイゼンボーイは、出掛けるよ。」と言って、地図を渡し、彼らを置いて、京都の街中に出てきてしまった。

ぼくらは、ビールや日本酒を飲みながら串揚げを食べ、〆にはラーメンを食べる、という高カロリーかつ楽しい時間を過ごした。
e0187521_27284.jpg
e0187521_272127.jpg
旅館に戻った後、部屋を見ると、近くのコンビニの袋に入ったサンドウィッチなどの残骸が。ネットに接続してFacebookを見ると、「Kaizen boyzに置き去りにされてしまった。。」という泣き言が。
せっかくの京都の最初の夜だというのに、少し可哀想なことをしてしまった。

2010年4月3日20時ころ~24時ころ
[PR]
by uk_japan | 2010-08-09 02:08 | Japan Trek
桜の季節の京都、30人の団体。1人1泊1万円以下。できれば(ホテルでなく)旅館。これを京都市内で満たすのは難題。ロジ担当幹事のH君は、この難題を解決し、見事なまでに的確な回答を出してきた。
旅館杉長は、京都市役所や本能寺から近いエリアで、飲みに行くにも便利。
e0187521_16280.jpg
(↑立派な正面玄関)
e0187521_162833.jpg
(↑脇を見るとかなり寂しい。)
部屋は4人1室で、布団を敷くといささか狭い。それに、内装は若干くたびれ気味。まあ、仕方ないよね。値段安いし。
e0187521_17432.jpg
風呂は、各部屋のユニットバスか地下の大浴場。外国人たちは共同浴場の習慣がないためか、大浴場を使ったのは約3分の1くらいか。
メガネを外して朝風呂に入っていたら、入口から真っ黒な人影が近づいてきた。
よく見てみると、なんだ、毛深いCか。

ホテル杉長 2010年4月3日チェックイン4月5日チェックアウト
[PR]
by uk_japan | 2010-08-09 01:09 | Japan Trek
週末は京都観光。新幹線で京都へ。
富士山を望みながら、新幹線でのお約束「プシュッ、ぐびぐび」をやるのも非常に心地よい。
e0187521_0552466.jpg
みんなに「富士山だよ。」と言おうとしたのだが、疲れきっていたのか、多くのメンバーが寝ていた。
e0187521_0554897.jpg
関が原を過ぎまもなく京都。だが、京都での停車時間はなんと1分。その間に、スーツケースを抱えた外国人30名を無事に新幹線から降ろさなくてはならない。皆に、停車時間の短さを徹底。新幹線は決して待ってはくれないことも徹底。
いざ京都駅。みな、予定通りに、ドアからささっと降り、スーツケースもバケツリレー的にささっと降ろし、完璧な仕上がり。やればできるじゃないか!

のぞみ235号 2010年4月3日15時40分~18時01分
[PR]
by uk_japan | 2010-08-09 00:56 | Japan Trek
オックスフォードMBAは、1996年に始まったばかりで歴史が短い上、日本人が3,4人以上入るようになったのはここ数年ということもあって、これまで全体での同窓会が開かれたことは無かった。このJapan trekの機を逃したらチャンスはもう来ないんじゃないか、ということで、同窓会を開くことにした。
e0187521_8452778.jpg
(↑Oxfordの垂れ幕を見て、レストラン内をのぞきこむ人も多かった)
卒業生、入学予定者、apply予定者まで含め、総勢約70人と予想以上。
最初の挨拶は、津村啓介衆議院議員。卒業生で国会議員は津村議員と古川俊治参議院議員の2名。卒業生の人数の割には健闘しているんじゃないでしょうか。
e0187521_8465328.jpg
(↑津村議員を囲んで写真撮影)
入学予定者、apply予定者はスクールのことを聞くのに一生懸命。
さて卒業生はというと、、特に最近の卒業生が凄く盛り上っているじゃないですか!昼のパーティなのに、酒が結構入って顔を赤くしているMさんとか!
卒業生が、在校生の集まりに顔を出してくれて楽しんでくれるというのは、彼らがいかに在学時代に留学生活を楽しんだかということの現われ。ぼくらも、1年後には、在校生の集まりであそこまで盛り上れるだろうか。

Café Gaab 2010年4月3日12時15分~14時30分
[PR]
by uk_japan | 2010-08-08 08:47 | Japan Trek