30代後半という留学には遅すぎる年齢でOxford大学ビジネススクール(MBAコース)に留学した男の話


by uk_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:Malta 2010.6.12-15( 8 )

マルタ空港からガトウィック空港への帰りも格安航空のEasyjet。マルタ空港で、量産された航空機としては世界最大のアントノフAn-124を発見。
e0187521_259389.jpg
帰りは、しばらくユーロ圏に出掛ける予定が無いので、余ったユーロを機内で使ってしまう。スターバックスのインスタントコーヒー。コーヒーだけで3ユーロ、マフィンとのセットで5ユーロ。インスタントコーヒーで3ユーロかよ、と思ったが、飲んでみると、インスタントにしては悪くない味かも。
e0187521_2592662.jpg
ビンゴゲームをスチュワーデスが売りに来た。1枚1ポンドで、サイコロの6の目が2つ揃うと1000ポンド(約130,000円)、サイコロの5の目が2つ揃うと10ポンド(約1,300円)、サイコロの4の目が2つ揃うと1ポンド(約130円)だという。
せっかくなので、買ってコインでこすってみると、4が2つ揃った。これで1ポンド。ラッキーは訪れなかったけど、まあ、損はしなかった。
e0187521_2595266.jpg
換金しようとスチュワーデスを呼んでみると、1ポンドが当たった人には、現金でなくもう1枚ビンゴカードを渡すんだという。で、2枚目は、大外れ。
なんだか、騙された感じ。全く明確に思い出せる訳でもないのだが、小さい時分に駄菓子屋でカードゲームをやったりした頃、似たような感覚を味わったような。。そんな、漠然とした記憶とすら呼べない、漠然とした感覚が、ふと蘇ってきた。

Easyjet マルタ→ロンドン・ガトウィック 2010年6月15日
[PR]
by uk_japan | 2010-09-23 23:55 | Malta 2010.6.12-15
息子がまだ7ヵ月半で7時半には就寝なので、夕飯を食べに外の店に行きにくかった。
e0187521_215068.jpg
幸い、ホテルの部屋にバルコニーがあり、そこからホテルのプールと海の夜景を楽しめたので、外の店で買った料理や飲み物を持ち帰って夕飯にしていた。
e0187521_2152110.jpg
マルタで一番ポピュラーなビールは、CISK。でも、オスマン帝国を撃退した年にちなんだ1565というビールもある。
e0187521_215521.jpg
あとは、マルタワイン。多くは、マルタ国内でマルタ島に次いで大きなゴゾ島のぶどうで作られたもの。
歩いてすぐのシチリア料理店で買ってきた蛸のサラダ、ミートボールや肉の煮込みは、結構美味かった。
e0187521_2163635.jpg
まあ、マルタはシチリアのすぐ近く。言葉も、アラビア語の文法にイタリア語の語彙が相当入っているよう。料理も、同じく、マルタ独自というよりは、イタリアの影響を相当に受けているようだ。今度、訪れる時に、再度、リサーチをしてみたい。

Hilton Maltaでの夕飯 2010年6月12~14日
[PR]
by uk_japan | 2010-09-22 23:55 | Malta 2010.6.12-15
Cafe Cordinaの隣に大統領官邸があるのだが、その一部が博物館になっていて、聖ヨハネ騎士団の人々の使った部屋など歴史的な部屋などを公開している。
e0187521_1514253.jpg
日本人のツアー客ご一行様約20名様が来ていた。しかも、50歳過ぎと見える人たちが多い。日本からの直行便もないのに、しかも、そんなに有名な国でもないのに意外だ。

1565年のオスマン帝国による大包囲戦の時代の武器もいろいろ展示されていた。一つ一つに精巧な細工の施された諸侯の金属製の鎧が数多く展示されていた。1つ幾らしたのだろうか、現在の値段にして1つ200万円は下るまい。一方、絵に残された、相手方のオスマン帝国は、人海戦術を取り、一山幾らという歩兵を大量に投入してくる。
e0187521_1521451.jpg
中世を代表する諸侯たちは、オスマン帝国、スペイン王国などの巨大国家の対決しあう16世紀になっても、その力を発揮しオスマン帝国を撃退したが、明らかに時代は諸侯中心の時代ではなくなっていたことを実感する。

マルタ大統領府兼国会議事堂 2010年6月13日
[PR]
by uk_japan | 2010-09-21 23:55 | Malta 2010.6.12-15
1837年創業のCafe Cordina。
e0187521_1345398.jpg
建物の中の席と屋外の席がある。暑いので冷房の効いた室内の方が快適かもしれないが、街行く人を眺められる屋外の席に座る。
この老舗の店、太い中空のパスタを重ねた料理(名前は忘れた)が名物のようだ。
e0187521_1351620.jpg
まあ不味くは無いがそんなに美味くもない。イカのフリッター。しかし、こう暑いと何といってもビールが一番美味い。
隣の大統領官邸前に噴水があり、水で遊ぶ子どもや大人もいる。
e0187521_1354514.jpg
こうも暑いと水で遊ぶのが気持ちいい。もう少しバレッタで遊んだらホテルに戻ってプールに行きたくなった。

Cafe Cordina 2010年6月13日
[PR]
by uk_japan | 2010-09-20 23:55 | Malta 2010.6.12-15
ホテルから首都バレッタへは、バスで約40分。マルタはクラシカルなバスが現役で走っていることで有名で、私達の乗ったのも、この丸っこいバス。
e0187521_1332583.jpg
バスを乗り続けてもいいのだが、途中の港町スリーマで降りて、入り江を渡す船に乗ってバレッタへ。
e0187521_133235100.jpg
マルタは、紀元前から人が住んでいたようだが、本格的に開発されたのは、エーゲ海のロードス島をオスマン帝国に追われた聖ヨハネ騎士団がマルタを本拠にしてから。1565年にはオスマン帝国による大包囲戦を勝ち抜いた。
海からの攻撃に耐えられるように築かれた城がどのようなものか、バレッタに初めて入る時には、是非とも海から入ってみたかった。
e0187521_1333548.jpg
高い城壁の外側にある港から、急な坂を上って城壁の内側へ。ぎざぎざの入り江から想像される通りのアップダウンの激しい地形。急な坂を上ってバレッタ旧市街中心部へ。
e0187521_13332470.jpg

バレッタへ 2010年6月13日
[PR]
by uk_japan | 2010-09-19 23:55 | Malta 2010.6.12-15
今回のステイはHilton。首都バレッタへのアクセスが比較的いいこと、海沿いにあること、プールが充実していることから選んだ。
e0187521_13185667.jpg
部屋に入ると、目の前に海が広がる。テラコッタ色のタイルが気持ちいい。バスルームは、シャワールームが独立していないが悪くない。ベランダが付いていてプールと海を見渡せるのがいい。
e0187521_13191892.jpg
ただ、ステイ中、毎晩のように結婚式をやっていて、夜中でも音楽がうるさかったのは、ベランダでくつろぐには少し辛かった。

Hilton Malta 2010年6月12日~15日
[PR]
by uk_japan | 2010-09-18 23:55 | Malta 2010.6.12-15
フライトが6時25分発なうえ、ガドウィック行きのバスは深夜には2時間おきにしか出ていないので、オックスフォード2時発のバスで出発。
前々回のエントリーで書いた、Mansfield Collegeのハイテーブルのディナーから帰ってきたのが23時ころだから、そこから2時間少々、ばたばたと準備しての出発。当然、寝ていない。
Easyjetのカウンターに向かうが、オンラインでチェックインを済ませているので、長い列に並ばなくてよく、楽ちん。ちなみに、Easyjetは、トランク一つの荷物ですら別料金を取られるので、トランク1個分の料金(18ユーロ)を予めネットで払っておいた。
格安航空なので、食事は当然提供されない。空港のマクドナルドで朝マックを食べてから出発。
e0187521_1345872.jpg
機材は、A320。ボーイングB737と並んで、格安航空ではおなじみ。オレンジの制服の鮮やかなキャビンアテンダントたちは、何だか楽しそう。機内で、飲み物・食べ物の販売、免税品の販売をしているが、私には全く関係ない。
わずか3時間であっという間に到着。タラップを降りると、もう暑い。南国だ。

Easyjet 8823便 2010年6月12日6:25-10:35
[PR]
by uk_japan | 2010-09-17 23:55 | Malta 2010.6.12-15
イギリスからはヨーロッパ各地に旅行しやすく、授業を少し休んで旅行している人もいるのだが、これまで余裕がなく、学期中には旅行もできなかった。どうやら夏休みずっと予定が入り、旅行などしている暇がなさそうな感じになってきたので、少し無理してでも旅行することにした。
旅行先はマルタ。何故、マルタなのかは、少しずつ書いていくことになるだろう。
e0187521_225184.jpg
マルタへは、マルタ航空など普通の航空会社のフライトもあるが、格安航空だとずっと安い。ロンドンからマルタに飛んでいる格安航空は、ライアン航空とEasyjet。ヨーロッパ最大の格安航空会社ライアン航空はサービスについて悪い噂、それもインパクトのある噂も、しばしば聞く。
トイレ有料化を検討
立席シートを検討。
時間節約(=人件費節約)のため、パスポートチェックを省略
e0187521_231055.jpg
ライアン航空だとロンドンの空港がルートン空港で、オックスフォードからのアクセスが悪いという理由でEasyjetを選択。

マルタ旅行 2010年6月12日~6月15日
[PR]
by uk_japan | 2010-09-16 23:55 | Malta 2010.6.12-15