30代後半という留学には遅すぎる年齢でOxford大学ビジネススクール(MBAコース)に留学した男の話


by uk_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:Language Centre( 8 )

9月18日金曜日にLanguage Centre Pre-sessional Courseの第2タームが終わった。
同じ4週間だというのに、第1タームよりも第2タームの方があっという間に終わった気がする。

1.生徒
全体で約50人。もちろん中国人を中心にアジア系が多いのだが、第1タームにはいなかったスペイン語圏の生徒(スペイン、メキシコ、ペルー)、ドイツ人、ロシア人、ノルウェー人、トルコ人がいたためか、全体的にヨーロッパ系の生徒が増えた印象。

2.授業
第1タームは、15人が2つのクラスに分けられていたが、第2タームでは、Listening、Readingなど科目毎にメンバーを入れ替えつつ4つのクラスに分けられた。私は2人の先生(GとP)に習ったのだが。
G:文章を何となく読んで生徒同士で意見交換、ラジオなどを何となく聞いて生徒同士で意見交換。自由に話すのが苦手な私だから面白くないのだろう、、と思っていたのだが、私の何倍も英語の得意でおしゃべりで早口なクラスメイトに聞いても面白くないというから、客観的に面白くないのだろう。
P:パーティに行った時を想定した会話練習、パワーポイントを作って皆の前でプレゼンをする練習など、なかなか楽しめた。ただ、プレゼンは、VIDEOで録画されたのを後で見たのだが、私は原稿を下を見て読んでいて、説得力ゼロ。日本語でのプレゼンはそんなに苦手じゃないのだが、英語だとつい原稿に頼ってしまう。

3.全体のディスカッション
最後の2日をかけて、全体のディスカッション(?)をやった。
学生全体約50人が5チームに分けられ、ヨーロッパにある架空の国の防衛、教育、資源、運輸、福祉の各省に所属。同国の予算獲得を巡って、プレゼン→フリーディスカッションをするというもの。
大学時代にやっていた人もいた模擬国連に似ているのか?
大学時代、私は、模擬国連はやっていなかったが、国際法模擬裁判(国際大会であるPhilip C. Jessup International Law Moot Court Competitionが有名。私の参加年、私たちの所属大学は、日本大会で敗退し、米国での本選には参加できなかった。)をやっていたし、国際政治のゼミにも所属していたし、こういったテーマは、結構好きだ。
前から分かっていたことの再確認だが、英語の場合、日本語の場合以上に、自分で分かっている/得意なことは話せるが、自分の分かっていない/得意でないことは話せない。
e0187521_19154485.jpg
(↑最終日の夕方からのPartyにて)

4.最後に
MBAコースに進む学生でPre-sessional Courseに8週間通っていたのは私だけだった(もう1人いたが、最後の2週間は一時帰国・旅行で来なかった)。
まあ、8週間は長いし飽きるだろう。ただ、早めに来て街に慣れるためにも、多くの国から来た学生たちと楽しむという貴重な経験をするためにも、早めに渡英できる人は、参加して損はないだろう。

Oxford University Language Centre Pre-sessional Course 2009年7月27日~9月18日
[PR]
by uk_japan | 2009-09-25 19:19 | Language Centre
8月21日、Oxford University Language Centreでの、Pre-sessional Courseの8週間のうち、4週間を終えた。ここで、4週間を終えた感想を少し書いてみよう。
e0187521_1973613.jpg

総論
・英語力が伸びたという気はほとんどしない。

各論
・授業全般:先生は2人(JとP)。授業は、ライティング、リスニング、リーディング、スピーキングというように、一応分かれている。ただ、ライティングとリーディングを除けば、そこまで明確には区切られていない。まあ、英語は総合力が問題なのだから、それも当然か。
・Jの授業:ライティングでは、A4用紙3,4枚程度のエッセイを週1回提出。アカデミックライティングを書く際の心得などを教えてくれたし、リーディングでも、ざっと読んで要点をまとめることを要求する等、手際よく中身の詰まっていた印象。
e0187521_198675.jpg

・Pの授業:リスニング教材を聞いたり教材を読んだりする中で出てくる語彙やsynonym(同義語)を答えさせたりすることが多かった。日本人学生は、英語力がない割には案外、こうした知識を持っているので、少なくとも日本人向きではなさそうだ。
・仲間たち:15人だった。理系の院に通う学生が多い。Pre-sessional Courseに来るのだから、英語に不安があって来ているんだろうけれども、みんな英語ができるなぁ、という印象。日本人のぼくが聞くと少し変な発音(私の発音は超ジャパニーズイングリッシュで、人のことは全く言えません)であったりしても堂々と発言するし、リスニングは、ぼくよりずっとできている感じ。
e0187521_1982691.jpg

これはこれで意味があったけれども、ビジネススクールに通う準備の内容のコースがあったらよかったのに、、と思う。

Oxford University Language Centre Pre-sessional Course 2009年7月27日~8月21日
[PR]
by uk_japan | 2009-08-26 19:10 | Language Centre

Waddesdon Manor @ Buckinghamshire

Oxford University Language Centreでは、毎週水曜日に近郊への小旅行に行っているが、今回は、Oxfordからバスで約1時間のワデストンマナー。
e0187521_9542669.jpg
ユダヤ系商人ロスチャイルド家のFerdinand de Rothschild(1839~1898)が友人たちをもてなすために、1874~1889年にフランスのネオルネッサンス様式で、ワデズドン村を見渡す丘の頂上に建設されたとのこと。
e0187521_9545344.jpg
ウィーン生まれのユダヤ人で英国に居住。彼のアイデンティティはどこにあったのだろうか。
そう思って、館内の案内人に「彼はもともと何語を話していたんでしょうか?」と聞いてみた。が、「ウィーン生まれです。彼は、英語もドイツ語もフランス語もできました。」という感じで、聞きたいことに対する答を得ることができなかった。
ユダヤ人がらみの質問は私としてもしにくかったし、案内人としても踏み込みにくかったのかもしれない。もちろん、私の英語力の問題も大いにある。
e0187521_9561513.jpg
(↑ボルドー5大シャトーのうち2つをロスチャイルド家が所有)
日本/日本人の将来のあり方として、①日本人がコスモポリタンとして無国籍的に外に出て行く、日本が外国人を大幅に受け入れ日本での公民権を広範に認める、という考え方もあろう。他方、②日本人は主に日本に住み、日本は日本人のみによって運営される、という考え方もあろう。
国際化の時代に逆行する、とも言われそうだが、私は、日本人は根無し草になるべきではないし、日本は日本人によって運営されていって欲しいと思う。何故かと理由は明確でないのだけれども、なんとなく感覚的に。

Waddesdon Manor 2009年8月19日11時30分~16時ころ訪問
[PR]
by uk_japan | 2009-08-26 09:58 | Language Centre

Shiraz @ Oxford Cowley Road

リゾート地として求められる資質は何だろうか。
今まで、あちこちのリゾート地(必ずしも著名リゾート地という意味でなく、自分がくつろげる場所という意味)に行ってきた中で、自分なりの感覚はある。リゾートビジネスというのも面白そうだと思い、将来関われたらとも思う。

Language Centreの友人たちと、Oxfordの東端、Cowley Road沿いにあるレバノン料理店のShirazへ。一週間に一度くらい各国料理の店に行く恒例行事の一環。イスラム教徒でリビア人Mの企画だ。
e0187521_8111770.jpg
メニューを見る。
アルコールの置いていない店なのだろうと覚悟はしていたが、やはりアルコールのない店だった。このことは、多くの人が予想していたのだろうか、普段は15人中10人以上が参加するのに、この回だけは参加者8人とこれまでにない少数。
e0187521_811465.jpg
注文しようにも、料理の多くが羊肉料理で調理法は不明、飲み物くらい(アルコールが無いとはいえ)自分で選ぼうとしていた日本人Sの「ガス入りの水」という声も、リビア人Mの「水!」の声にかき消されてしまった。
e0187521_812857.jpg
ぼくは羊肉が好きな方で、日本にいた時から良く食べていたのだが、それはワインを飲みながらだったからなんだね。そのことがよく分かった。

Mが、「リビアは、きれいなビーチもあるし、ローマ時代の遺跡もあって、自然・文化のいずれも極上なのに、どうして観光客が多く来ないんだろう?」と言ってきた。
リビア政府によるパンナム機爆破事件(1988年、UKのスコットランド上空で爆破墜落。乗員16名、乗客243名全員と、巻き添えになった住民11名の計270名が死亡した。)が頭をよぎり、「これが一因では?」と言おうかとも思ったが、リビア大好きMの前では刺激的過ぎよう。まあ、カダフィも謝罪したことだし、と思って、そこは流した。
私:「リビアでビールは飲めるのかな?」
M:「飲めないよ。」
私:「イスラム教徒でないぼくも?」
M:「ああ。」
「自分の考えと相容れないものに対して寛容でないと、リゾートとして発展はできないよ。」とは、とても言えなかった。

Shiraz 2009年8月13日19時ころ~訪問
[PR]
by uk_japan | 2009-08-25 08:16 | Language Centre

Punting@Language Centre Trip

Language Centreでは、毎週水曜日には、short tripとして近場に出かけるのだが、8月12日(水)は、Oxfordの街中でPunting遊び。
Puntingというのは、元々は運河で荷物運びをしたりする実用的なものだったらしいが、今では完全な遊びで、とくにOxfordとCambridgeで盛んなようだ。

微妙に雨が降っていて不安な天気の中、Punt乗り場に到着。幸い、船に乗る頃には雨もやみ、いい感じである。
ちなみに、Puntingの参加申請用紙には、水泳ができるかどうか記入する欄があったのが不安を掻き立てる。まあ、舟がひっくり返って川に落ちることは、そうは無いようだが、無いとも言い切れないようなのだ。
e0187521_8183027.jpg
人がやっているのを見ていたときには簡単に見えた。でも、実際にやってみると、そう楽ではなく、いい運動になってしまい、結構、汗をかく。
e0187521_8185898.jpg
しばらくして、ぽつりぽつり来たと思ったら、かなりの大雨になってしまった。
Oxfordの天気は、来て以来、こんな感じで、一日中いい天気ということが本当にまれ。

Punting 2009年8月12日14時ころ~16時ころ
[PR]
by uk_japan | 2009-08-23 08:21 | Language Centre
Language Centreの学生同士で、今のところ週に一回、15人の学生のうち半分くらいで食事にいっている。その第一回は、イタリア人学生の企画で、Cowley Roadにあるイタリア料理屋の「マリオ」だった。

Cowley Roadは、Oxfordの中心街からまっすぐ東に抜けたエリアで、ギリシア料理屋、インド料理屋、レバノン料理屋、ポーランド食材店などエスニックな感じのする店が多く、ニューヨークのクイーンズを思わせる。
e0187521_4295999.jpg
マリオは、いかにもイタリア料理屋でござい、といった分かりやすい外観。
店内に入って、メニューを見る。食事にグループで行って難しいのは、特に、このLanguage Centreの学生同士のように、バックグラウンドが違うもの同士の場合に難しいのは、どのように注文していいのか、ということ。メニューをどう見ても、コースではなく、大皿をシェアする方が良さそうなのだが、結局めいめいで食べたい料理を自分用に頼むことになった。

"Pizzeria"と店名にあるので釜を見てみたが、いまいち美味く焼けそうな感じのしない、平べったいステンレス製。東京では、聖林館をはじめとするナポリピッツァの店が並ぶ中目黒に住んでいただけに、イマイチのピッツァは食べたくない。
Tortelloni alla Calabrese(7.5ポンド=約1200円)を注文。まあ、一口二口はいいが、一皿ずっと食べ続けるのはしんどい味。
e0187521_430342.jpg
e0187521_4311267.jpg
食事中は、イタリアのビールMorettiを飲んでいたのだが、ちょうどこの頃、ふいに、奥の席にいたリビア人のMが、席を立って帰ろうとしていた。聞くと、「用を思い出した。」などと言う。
Mは、アルコールを飲む人と同席はできないという厳格なイスラム教徒なのだろうか。。(後に、ある席でMと話していたところ、「アルコールを飲む人がいたらバイバイする。」と言っていたので、この日の急な退席の理由が予想通りであったことが判明。)
イスラム教徒と直に接する経験が今まで無かった私にとっては初経験。食事のときに、メニューから豚肉を除くくらいなら、なんとか対応するが、他の参加者がアルコールを飲むこともまかりならん、というのでは、率直にいって面倒くさい。
まあ、こういう文化的な違いを埋めていくことも留学の課題の一つな訳で。

Pizzeria Trattoria Mario 2009年7月31日19時~21時ころ
[PR]
by uk_japan | 2009-08-17 04:34 | Language Centre

Oxford市内トリップ

Oxford University Language CentreのPre-sessional Courseでは、毎週水曜日にtripでOxford市内や近郊に出かける。
第1週目は、まずOxfordの市内観光。

まずは、Language Centreの近くにあるオクスフォード大学自然歴史博物館(Oxford University Museum of Natural History)。
e0187521_4543010.jpg
(↑"Please touch!"という文字が目を引く。)
Oxford University Museum of Natural Historyを出た後は、市内を東から西へと大きく横切って、Worcester Collegeへ。

カレッジというのは、オクスフォード大学とケンブリッジ大学特有の制度で、Universityに属する学生は皆どこかのcollegeに属する。どのカレッジに入れるかは、本人の希望も聞いてはくれるのだが、非常に恣意的かつ裁量の要素があり、ブラックボックスの中で決められている気がする。
カレッジの中には、歴史のあるカレッジや歴史の浅いカレッジ、金持ちのカレッジや貧乏のカレッジと様々で、Oxford大学に入学したといっても、collegeがどこになるかでステータスが少し違うのかも知れない(まだ、よく分からない)。。ちなみに、皇太子殿下のOxford留学時は、1264年創立でOxford最古のカレッジの一つであるMerton Collegeに所属。高貴な血統でなくコネも無い私は、(歴史の浅い2つのカレッジが合併して)2008年に創立されたばかりのGreen Templeton College

さて、話を戻すが、Worcester Collegeは、敷地内の英国流のガーデンがきれいで建物も趣があり、非常にうらやましい。
e0187521_454575.jpg
(↑Worcester College)

困ったことに雨が降り始めた。
e0187521_455233.jpg
昼食は、Oxfordの市内でも安い店の集まるWestgate Shopping Centreの中にあるスーパーのSainsbury'sでめいめいがサンドイッチなどを買って、モールの中のベンチに座って食べるという侘しさ。。

その後に行ったMagdalen Collegeは、Oxfordの町の東端にあり、ここも庭がきれいなのだが、足元がずぶずぶで、皆どんどん苦悶の表情を浮かべ始めた。
e0187521_4554218.jpg
(↑写真だけ見ると、雨の苦しさは伝わらない。Magdalen Collegeで。)

市内トリップの最後は、最も有名なChrist Church College。ここのDining roomは、ハリーポッターの映画撮影が行われたことでも有名で、観光客が絶えない。
e0187521_4563760.jpg
この一日は、雨の中、街中それも泥だらけのガーデンを歩き回るという悲惨な一日だった上、7月だというのに非常に寒く、風邪を引きそうになった。
Oxfordに来てから3日目にして、ここで1年を過ごすことを悲観的に思い始めていた。

Oxford市内トリップ 2009年7月29日10時~16時ころ
[PR]
by uk_japan | 2009-08-16 05:02 | Language Centre
ヒースロー空港に朝5時55分に到着した7月27日、Oxfordまで直行し、その足でLanguage Centreに駆け込み、集合時間8時45分になんとか間に合った。
e0187521_1074517.jpg
この日から8週間、大学院教育を受ける学生で英語を母国語としない人のための、Pre-sessional Courseに参加する。(ちなみに、8週間のコースで1975ポンド=約30万円)
英語を母国語としない学生とはいっても、インド人のように事実上母国語といっていい人も多いし、ドイツ人とかオランダ人とかのヨーロッパ人(特に北の人達)は英語が十分うまいし、といった事情で、実際にここに参加するのは、アジア人が多い。途中から参加してきた学生もいるのだが、8月14日現在で、日本4人、中国3人、台湾2人、タイ2人、ヴェトナム1人、イタリア1人、リビア1人、マダガスカル1人。もう既にOxfordで1年大学院生として過ごしている人もいたりして、当然のように英語もうまい。
授業は、リーディング、リスニング、スピーキングなどと一応テーマが決まっているが、当然それらの技能は深く関連しているので、何の授業ときちっとは分類しにくい。英語の総合的な力を伸ばしていく、というのが主眼であろう。中でも、大学院教育準備向けだなと思わせるのは、ライティングのクラスで、英国できちんとした教育を受けた学生がアカデミックな文章を書くための作法をいろいろ教えられていく。
このエントリーを書いている時点で、Language Centreに入って三週間経つのだが、9月末からのビジネススクール必要な英語力が備わってきているのか、不安無しとしない。

Pre-sessional Course@Oxford University Language Centre 2009年7月27日~
[PR]
by uk_japan | 2009-08-15 10:09 | Language Centre