30代後半という留学には遅すぎる年齢でOxford大学ビジネススクール(MBAコース)に留学した男の話


by uk_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ご近所ランチパーティ

私はオックスフォードの街の中心から約500m北にあるObservatory Streetに面した家に住んでいる。
e0187521_18493977.jpg
この写真で見て左側に並ぶ家々はドアがどれもカラフル。その家々のうち、1から16の家がGreen Templeton Collegeが学生に提供している家で、私もその一つに住んでいる。
カラフルというだけで判断してはならず、この家は築150年だという。単純に2009年から150年を引くと1859年で、江戸時代末期、ようやく開国したばかりの時期だ。中の設備は更新されているとはいえ、それなり。
この日は、この通りの家々に住む学生(+配偶者、パートナー)が何人か集まって、ランチパーティ。集まったのは、イギリス人MBA学生+フィアンセ、アメリカ人MBA学生、パキスタン人MBA学生+奥さん+子供2人、韓国人医学部生+奥さん+子供1人、私。
e0187521_1850939.jpg
この日の会場は、パキスタン人学生の家。私の家の隣の隣なので、家を出て10秒とかからない。
こういう時、何か持って行くべきなのだろうが、そしてワインの1本でも持っていくのが楽だしいいのだが、相手がパキスタン人(国民の大多数がイスラム教徒)だけに、どうしたものか迷った。
まあ、行ってみたら、夫妻とも結構酒を飲んでいたので、あまり気にする必要はなかったみたいだ。

ご近所ランチパーティ 2009年11月1日
[PR]
by uk_japan | 2009-11-15 18:52 | Oxfordの日常

Jr.誕生

10月29日16時30分(英国時間)、連合王国オックスフォード市John Radcliff Hospitalにて、長男が誕生しました。
私たちにとっては初めての子供、それも海外での出産でしたから、緊張しましたが、母子とも健康で本当にほっとしました。
e0187521_15351619.jpg
今回ばかりは、留学ブログから完全に離れ、しかも当ブログらしいネタもほとんど無いのですが。。
多少とも、ネタらしいものを入れるならば。。
妊婦さんが病室に入れられますね。「この部屋はどうかしら?」みたいな感じで、案内されたんですよ。ただ、最初に案内されたのが、ミラーボールがきらきらした部屋で、「これ、リラックスできるでしょ。」だって。(残念ながら、写真を撮っていません。)
さすがに替えてもらいましたが、その部屋も(水中出産用でしょうか)プール付き。
e0187521_15375578.jpg
日本では1週間くらい後に退院するのが普通のようですが、英国では出産の当日か翌日に退院する人が多いんですよ。病院から追い出されるのかと不安がっていたんですが、別に追い出されるわけではなく(むしろ、「もう一日いたら?」と言われることもある。)、産後のママが元気に帰っちゃうんですよ。
ちなみに、うちは、木曜の夕方に産まれ、日曜の昼過ぎに退院しました。
e0187521_15381729.jpg
(↑うちの子にとって初めての車。彼の帽子にも車のマーク付き。)
e0187521_15383720.jpg
(↑クラスメイトからJr.へのプレゼント。)
[PR]
by uk_japan | 2009-11-07 15:40 | Oxfordの日常