「ほっ」と。キャンペーン

30代後半という留学には遅すぎる年齢でOxford大学ビジネススクール(MBAコース)に留学した男の話


by uk_japan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2010年 08月 ( 71 )   > この月の画像一覧

2日目のパーティ会場もHECのキャンパス。
この日のドレスコードは1980年代。みんな、どんな格好していくんだろう?他の人に聞いておけばよかったかも。
私はというと、(この日のために買った訳ではないが)花柄シャツ、(これも、この日のために買った訳ではないが)ハート型サングラス、禿ヅラ、そして、約1週間前のBALLでもらった赤と緑のフサフサ。
妙な格好をしていれば良いのか?っていう服装だ。この格好が80年代かどうかは、疑問。。。
e0187521_1138589.jpg
会場に行って皆に会うと、「80’sは1980年代の服装という意味なのに、自分の年齢が80代になった時の服装というドレスコードと間違えたんじゃないか?」みたいなコメントもされたな。
e0187521_11382342.jpg

80’sパーティ 2010年5月14日20時ころ~23時ころ
[PR]
by uk_japan | 2010-08-31 11:39 | MBA
シャンゼリゼ通りのフランクリンルーズベルト駅から地下鉄に乗る。駅の自動販売機で水のボトルを買って、電車もすぐに来たので、せかせかと乗り込む。ほどなく、ホテルへと戻る郊外電車への乗換駅へ。
約40分の電車に乗る前に、甘い物でも買っておくか。そう思って、財布を出そうとしたのだが、見当たらない。
地下鉄の中で掏られたようだ。地下鉄のドアが閉まる直前に入ってきた人に足を蹴られ、痛!っと思って、そっちに気を取られた間だったのかも知れない。
観光客の多い駅から乗ってきた日本人。やはりカモだったのか。
e0187521_16531470.jpg
(↑ホテルへ向かう郊外電車)
被害額が約6万円。あと、クレジットカードと英国の銀行のカード。まあ、カードは再発行してもらえるけれども。
e0187521_16533343.jpg
サイフを盗まれちゃうくらいなら、そのお金でプジョーのペダルカー、買ってあげれば良かった。

2010年5月14日16時ころ
[PR]
by uk_japan | 2010-08-30 16:53 | MBA
地下鉄で凱旋門へ。さらにシャンゼリゼ通りをぶらぶら。
私のリアルの知り合いの方ならご存知かも知れませんが、私はプジョーの車が好き。パリに来るたび、Peugeotのグッズが揃ったPeugeot avenueで買い物をする。
今回は、カフスボタンと、ウォッチを購入。
e0187521_1646861.jpg
さらに、もう一つ買いたい物があって。それが、息子のためのペダルカー。まだ6ヶ月なので買うには早すぎるんだけれども、1歳の誕生日にはどうかな?などと思って、ちょっと乗せてみた。
e0187521_16462695.jpg
イギリスまで送ってもらうと50ユーロくらいの送料がかかるようで結局買わなかったんだけれども。

Peugeot avenue 2010年5月14日15時ころ
[PR]
by uk_japan | 2010-08-29 23:55 | MBA
HECを退散して、郊外電車(RER)C線でパリ市内へ。エッフェル塔の最寄り駅シャン・ド・マルス=トゥール・エッフェル(Champs de Mars - Tour Eiffel)駅で下車。
エッフェル塔を見上げるような角度で記念撮影。
e0187521_23215474.jpg
でも、塔には登らず。曇っていたし、物凄い行列もできていて1時間は軽く待たされそうだったので。
近くのスーパーマーケット、(かつて日本にも進出していた)カルフールをぐるぐるっと回る。結局、何も買わなかったけれども、旅行に行ったときのスーパー巡りは楽しい。
e0187521_23223244.jpg

エッフェル塔 2010年5月14日13時30分ころ
[PR]
by uk_japan | 2010-08-28 23:24 | MBA
指の骨折でクロスカントリーレース出場を取り止めたものの、Oxfordの仲間達の戦いは気になるので、応援しに行こう。
会場は、ビジネススクールHECのキャンパス。
e0187521_18324266.jpg
パリのビジネススクールがMBATの会場だと聞いていく気になったのだが、実際にはパリ中心部から約1時間ほども離れたド田舎。
東京の大学でスポーツ大会をやると聞いて、東京の真ん中にある東京大学本郷キャンパスをイメージしていたら、都心から電車で1時間かかる中央大学多摩キャンパスだった、というのを想像してもらえばいいだろうか。
e0187521_1833366.jpg
HECの中で、何のスポーツを、どこで、何時から、どのスクールとどのスクールが対戦するのか、等の表示が実に適当で分かりにくい。こういうことは、日本人にやらせると完璧なんだけどねぇ、どうして、こんなにもオペレーションが下手なんだろう。
e0187521_1833275.jpg
バスケットと卓球を少しだけ見て退散してしまった。

HEC 2010年5月14日9時30分ころ~12時30分ころ
[PR]
by uk_japan | 2010-08-28 18:34 | MBA
工業団地の中にあるNovotel Massay。私たちOxford MBAの一群のような100人以上の集団旅行にはちょうど良い。なにせ、パリの中心からは1時間近く離れていて、まともな観光客が使うことは無い。工業団地への訪問者にはちょうど良いのだろうが、その需要もあまり無さそう。そういう訳で、私たちの他、私たちがチェックアウトする日には、インド人たちの4,50人くらいのグループ旅行にも使われていた。
e0187521_17321417.jpg
うかつにも、室内の写真は撮らなかったのだが、ダブルベッドで室内面積は約25平米。ベッドルーム、バスルームとも、古びたビジネスホテルと呼ぶのがちょうど良いレベル。

Novotel Massay 2010年5月13日17時ころ~5月16日7時30分ころ
[PR]
by uk_japan | 2010-08-28 17:32 | MBA
MBATの申し込みをして、皆に提供されたホテルを見たら、Novotel。まあ、フランスのチェーンで、高級では無いけれども、大きく外すことは無いだろう。
オックスフォードのMBAT責任者のCに、「パリ市内?」と聞くと、「いや、郊外。」との答。少し、不安になった。東京で言えば、東京駅前とか六本木とかではなく、蒲田駅前とかいうロケーションなのだろうか。
マドレーヌから地下鉄に乗るが、途中で郊外電車に乗り換え。車内はけっこう荒れていて、客層も決して豊かな人々には見えない。
e0187521_2119403.jpg
(↑終点Massy Plaiseauにて)
乗ること約40分して、工業団地の中にあるような、Massy Plaiseau駅に到着。
e0187521_21203282.jpg
(↑電車を降りてすぐの駅前風景)
工業団地ということだが、まるで栄えておらず、寂れきっていて、蒲田駅前どころの騒ぎではない。
駅から寂れた道を歩くこと約15分、Novotel Massayに到着。
e0187521_21205753.jpg

Novotel Massay 2010年5月13日17時ころ到着
[PR]
by uk_japan | 2010-08-27 21:21 | MBA

Laduree(MBAT trekその3)

マドレーヌからコンコルド広場方向に約200m。東京にも支店を出しているLaduree。
e0187521_16162099.jpg
結構、混んでいるねえ。観光客風の人が多そうな。まあ、ぼくらも観光客ですが。
観光客でなさそうな人は、、と見ると、全身ピンクの服装の60 歳くらいの女性一人客がいた。林家パー子さん??ではなく、フランス人のようだった。

Laduree 2010年5月13日15時ころ訪問
[PR]
by uk_japan | 2010-08-27 16:18 | MBA
パリ北駅から地下鉄でマドレーヌへ。
マドレーヌ寺院の裏手の小道を入った所にあるLe roi du pot au feuへ。
e0187521_1085123.jpg
ポトフが17ユーロ。ランチにしては高目かも知れないが、せっかくのパリだから。
2時過ぎというランチにしては遅い時間帯だというのにほぼ満席。数少ない空いていた席に座る。
e0187521_1092247.jpg
まず、パンが美味いね。イギリスに住んでいて思うのは、スーパーマーケットのパン売り場の匂いをかいだだけで、その不味さが分かるような匂いがしていること。このパンは、イギリスのパンとは天と地。
e0187521_109417.jpg
もちろん、肉も野菜も美味く、久々に納得のランチでした。

Le roi du pot au feu 2010年5月13日13時30分ころ訪問
[PR]
by uk_japan | 2010-08-27 10:10 | MBA
左手薬指の骨が欠けたくらいで、別にクロスカントリーレースに出場できなくなる訳ではない。走るだけなのだから。とはいえ、山道を走る中で、また転んだり、そうでなくても、転びそうになって手を付いたりして、症状が悪化するのも困る。
出場したところで大した戦力になる訳では無いので、大事をとって、出場を取り止めることにした。

出場しないのだから、パリまで行かなくてもいいのだが、お金ももう払ってしまったしMBATの雰囲気も味わってみたいし、それに、パリは行くだけでも楽しいし。
で、私が出場しないでパリ観光をするなら、ということで、妻と息子も一緒に行くことになった。オックスフォードからの参加者の多くは片道10時間の貸切バスなのだが、これは6ヶ月の息子にはきつそうなので、ユーロスターで行くことにした。
e0187521_9471351.jpg
12月にユーロスターに乗ろうとした時には、運休で大変な思いをしたけれども、時刻表どおりに走ってくれれば快適そのもの。パリ北駅に到着。これで、息子は、6ヶ月にして、英国、日本に続いて3カ国目だ。

Oxford→パリ北駅 2010年5月13日
[PR]
by uk_japan | 2010-08-27 09:49 | MBA